>> 【血液型×星座ランキング】モテる1位~48位発表

在宅ホスピス医内藤いづみ氏はなぜ在宅ホスピス医となったのか?

最期の時を自宅で過ごす患者さん達と日々向き合う、在宅ホスピス医の内藤いづみ氏。

引用元:https://www.naito-izumi.net/profile

彼女はなぜ「在宅ホスピス医」となったのでしょうか?その真意を掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク

内藤いづみプロフィール

ふじ内科クリニック院長

  • ふりがな:ないとういずみ
  • 誕生年:1956年(昭和31年)生まれ
  • 出身地:山梨県六郷町

既婚で、イギリス人の旦那様がいらっしゃいます。

経歴

1981年(昭和56年)福島県立医科大学卒業、その後三井記念病院にて研修医として勤める

1983年(昭和58年)東京女子医大内科勤務

1986年(昭和61年)イギリス人の夫と一緒にイギリスへ移住し、英国のホスピスにて研修を受ける

1991年(平成3年)日本へ帰国後、湯村温泉病院にて勤務

1995年(平成7年)ふじ内科クリニックを開業

なぜ在宅ホスピス医となったのか?

1986年にイギリス人の夫の転勤でイギリスへ移住した際、プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスにて勤務していた。

本場イギリスのホスピス医療を目の当たりにしたとき、自分が目指す理想の終末期医療がそこにはあった。

最期の最後まで自分らしく終えられるように、体の痛みはもちろん、心のケアもしながら、患者だけでなく家族も支えていく医療だった。

患者さんの体の病状だけでなく、患者さんの心や意思や在り方、家族の気持ちなどを配慮しながら、一緒に幕の閉じ方を考える医療。

日本ではまだあまり根付いていないホスピス医療。

もっと日本中にホスピス医療を広めたいと全国で講演活動を行っていらっしゃいます。